現地にお伺いして、事前のヒアリングと状況が違うことが稀にあります。

 勿論、あまりに時間がかかりすぎるケースや、実際に別途経費が発生してしまうケースなんかは追加料金がかかってしまいますが、これは(失礼ながら)素人目では分からなかったかな…なんて時で少し手がかかるくらいの場合であれば、当方は追加料金はナシで作業してしまいます。

 今回は必要のなくなってしまったエアコンを取り外して処分してほしいという方からのご依頼でした。

 エアコン回収の場合、事前のヒアリングではエアコンの設置状況を確認させていただきます。

 「エアコンの配管は壁をまっすぐ貫通させているだけですか?」「配管は30㎝以上、壁の中に埋め込まれていませんか?」という質問があったのですが、その際にお客様はYESのお返事でした。


 実際にお伺いしてみると「ん…これは…」どうやら隠蔽配管のようです。

 マンションの廊下側に面している出窓のあるお部屋に多いのですが、壁の中にエアコンの配管を通して、出窓の下に室外機を置く設置方法です。

 この工法を採る理由は、室外機を置くことを前提として屋内のスペースロスを極限までなくせる、ということが理由でしょうね。室外機は屋外に必ず出さなくてはなりませんが、室外機置場を専用に作ってしまうと、屋内面積を室外機分、専有面積を削らなくてはなりませんので。

 隠蔽配管にも色々なパターンがあって先行配管と呼ばれる、読んで字のごとくエアコン配管を先に埋め込んで、その後で壁(石膏ボードなど)を張る方法は、配管の取り外しが簡単に出来ません。

 今回は写真のように、エアコン配管を後からでも作業しやすいようにサービスポートがあるタイプの隠蔽配管工法でした。この場合は多少面倒ではあるのですが、追加料金をいただくほどではなく作業が可能です。

 サービスポートの外し方にも色々ありますが四方のプラスチック製のカバーを外すとパカッと外れるもの、ネジで固定されているものなどが多いですかね。

 サービスポートを開けると配管に手が届きます。

 設置の際には作業員が二人いないと、この工法の場合は工事が難しいのですが、取り外しの場合は作業員一名で問題なく行えます(といっても未知なる設置方法があったりしますので断言は出来ませんが)。

 今は冬なので、強制冷房モードでポンプダウン作業を行い、室外機に冷媒ガスを閉じ込めていきます。

 通常の標準設置工事より少し時間はかかりましたが、問題なく取り外すことが出来ました。

 必要のなくなってしまったエアコンの処分にお困りの場合は是非当店にご相談ください。
€

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。

最新記事 by 便利屋ファミリー江東木場店 (全て見る)