たまにある、隠蔽配管設置のエアコンを取り外して回収するという作業をしてきました。

 隠蔽配管というのは読んで字のごとく、エアコンの配管を壁の中に通して室内機と室外機をつなげている設置方法です。

 勿論、エアコンを設置するときは配管は壁の中を必ず通すのですが(窓に板を取り付けたり、ウィンドウエアコンのケースもありますが)標準設置と呼ばれる通常の設置方法ではせいぜい壁の厚さ(10㎝~20㎝以内)を「まっすぐに」貫通しているだけです。

 隠蔽配管の特徴は壁の中に配管を「隠蔽」して、かつ配管が壁の中で「曲がっている」ということが挙げられます。

 今回の現場は隠蔽配管設置をする前提でサービスポートがあり(ちょっと手間がかかりますが)問題なく取り外しを行える作りとなっておりました。

 先行配管と呼ばれる、配管を先に設置して壁を後から取り付けたケースなどは作業がかなり難航します。隠蔽配管にもいろいろあるので、難易度の高い設置方法は料金が上がってしまいますね。

 実際のところ、ご依頼される方は(失礼ながら)設置方法などわからないと思いますので、お問い合わせ時にヒアリングさせていただきます。面倒だな…と思ってもお付き合いいただけると嬉しいです。

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。