一口でエアコンと言っても、色々な種類がございます。一般的なご家庭にあるものは大体3種類くらいです。

 一番多いのがいわゆる壁掛け式。これは後付けのものですね。天井に埋め込まれているものはビルドインタイプ。天井埋め込み式とも呼ばれます。

 そしてウィンドウエアコン。スライド式の窓に取り付けるもので、一番のメリットは室外機を置けない条件の物件にも(取り付ける窓のロケーションにもよりますが)取り付けが可能ということですかね。一昔前の物件には室外機を置くことが出来ない物件も多く(ベランダがないとか)ウィンドウエアコンは重宝したのではないかと思われます。

 逆にデメリットは性能は室内機・室外機セパレート式のものと比べると低いということです。性能が低いということは、同じ温度に冷やそうと思った場合、電気代がかかるということですね。広い部屋も冷やしきれなかったりします。

 今回はウィンドウエアコンを廃棄したいというお客様よりのご依頼で撤去作業にお伺いしてきました。

 実は今回はウィンドウエアコンということもあり、取り外すエアコンの年式などの詳しいことはお伺いしなかったのですが(ウィンドウエアコンは取り外しが簡単なので)お伺いしてみると物凄く古いウィンドウエアコンでした。

 通常、ウィンドウエアコンは専用のフレームがあり、窓のスペースにフレームを取り付けて、そのフレームに本体を取り付けるという感じなのですが、今回のものはフレームに自作(?)?の木枠を取り付けて、そのうえで窓に固定してありました。

 年式もおそら40年以上は前のものだと思います。

 無事に取り外して回収いたしました。昔のエアコン、なかなかデザインが可愛らしくて良いです。時々新しいものは機能がデザイン化してしまい、デザインそのものは失われてしまうといったことが起こるように思います。車なんかは特にそうですかね。

 デザイン重視の家電はたまに見ますが、車はレトロなデザインのものがあれば売れるような気がするかなー、と個人的に思います。

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。