12月に入ると都内はすっかりクリスマスムードです。11月の終わりくらいから、コンビニや商店のそこかしこでクリスマスの飾りつけをしている方々を見かけました。

 寒くなるとちょっとひと手間かかるのがエアコンの取り外し作業です。

 今回のエアコンは3階屋上(階でいえば4階部分になります)に室外機が設置されていて、室内機は2階室に設置されておりました。いわゆる階差工事というヤツです。

 階差工事なんですが当店は通常は室内機2階の室外機1階パターンしか行っておりません。単純に当店所有の梯子では3階まで届かなくて出来ないんですね。ただし配管カバーがついていない、配管がサドルなどで強固に固定されていない場合などは作業可能ですのでご相談いただければと思います。

 今回はちょっと条件が特殊で外壁塗装の工事をするので足場が組まれてあったので簡単に作業することが出来ました。お客様の判断で「この機会に古いエアコンを撤去しよう!」と思い立ったそうでした。以前、撤去依頼をしたところ結構な見積もりだったので撤去作業してもらいたい気持ちを封印していたみたいです。

 さて冒頭の「寒いとひと手間かかる」のは強制冷房という作業が増えるからです。

 過去に「インターネットを見て自分でエアコンを取り外そうとしてみたけど失敗したのでお願いします!」というケースも何回かございまして、そのほとんどの方が強制冷房運転に失敗した、もしくは強制冷房そのものを知らなかったようです。

 強制冷房とは、その名の通り強制的に冷房モードにすることです。

 エアコンも頭が良くて(今や当たり前かな)周りの気温が低いとリモコンで通常の冷房をかけても室内を冷やそうとしません。冷房モードにしないとエアコン内部のガスを室外機に閉じ込めることが出来ないので、冷房モードにすることはエアコン取り外しの必須作業なのですが、冬場は普通に冷房モードを使用しようと思っても出来ないのです。

 そんなわけで冬場の寒い時期は本体を直接操作してエアコンを冷房モードにします。ひと手間かかるのはエアコン(メーカー)によって強制冷房のやり方が違うことです。

 場合によってはインターネットで製品のサービスマニュアルを見たりして捜査するのですが、いかんせん古いエアコンなんかはインターネットにサービスマニュアルがないことが殆どです。そんなときはあーでもないこーでもないと、色々試しながらエアコンがしっかり冷房になっているかを確認したうえで作業します。

 1時間ほどで無事に撤去工事が終了いたしました。確かにこんな機会でないと難しい撤去工事でしたね。

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。

最新記事 by 便利屋ファミリー江東木場店 (全て見る)