エアコンの取り外し・回収は当店のサービスのなかでもとても人気のメニューです。年間を通して本当にご依頼を多くいただきます。ありがたいことです。

 とはいえ当店は小さなお店なので台数でいえば、ざっくり100台くらいですかね。来年は正確に数えてみようかな。

 そんな沢山のエアコンを取り外すなかで、まれに特別な設置方法やエアコンそのものが特別なものに出会うことがございます。

 隠蔽配管といって壁の中で配管を曲げて設置されているものが、だいたいに一台くらい、天吊りといって室外機が天井から吊り下げられて設置されているものが、これまた10台に一台くらい、階差工事といってエアコンの室内機と室外機の設置階が違っているものが戸建ての場合は2件に1件くらいという感じです(あくまでも体感ですが)。

 今回はそんな珍しい設置工法の複合で、さらにはマルチエアコンという非常に珍しい設置状況でした。隠蔽配管で天井吊り下げ、そしてマルチエアコン。マルチエアコンとは一つの室外機で複数の室内機の面倒を見るという一般的にはあまり出回っていないエアコンです。

 マルチエアコンは室外機が重くなるのでめったに天井から吊り下げて設置するシーンはございません。マンションの設計上、どうしてもマルチエアコンで行きたい!という施工業者の意思がないと採用することはないのではないでしょうかね。

 今回の現場はエアコンがご家庭にあるのが当たり前になり始めた時代(1980年代後半~1990代前半)に建てられたマンションのようでした。ベランダ側にあるお部屋はベランダに室外機を置いて、で問題ないのですが、通路側のお部屋の室外機は当時は扱いに困ったのではないかと推測されます。

 室外機専用置場を作ってしまうとお部屋の容積が減る、通路に置けば通路が狭くなる…そんな考えから吊り下げるという工法を採用したのではないかと推測されますがメンテナンスを考えると、やっぱりよくないですね。近年のマンションは通路側のお部屋のエアコンは室外機の上に出窓を作ったり、入り口付近にポーチを作り、その中に室外機を置いたりしております。

 そもそもマンションは結構住人が変わるという現実があります。オーナーが変わってリフォームして住もう!と考えた際に古いエアコンも交換しよう!と考えることも全然ありますよね。

 そんなときに今回のような工事で設置してしまうと単純にエアコン工事費がものすごい高くなります。実際のところ、今回当店が行った作業は他店舗さんのお見積もりで8万円というところもあったそうです(ちなみに当店ドヤ!ではないですが、その他店舗さんのお見積もりの半額以下で作業させていただきました)。

 そもそもエアコン取り外しをいたします!という色々な店舗さんにお見積もりをお願いしたそうですが、ほとんどのお店に作業自体をお断りされたそうです。他店舗さんにお断りされたエアコンの取り外し工事も(可能な物は)お受けいたしますので、まずはご相談いただければと思います。
 

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。

最新記事 by 便利屋ファミリー江東木場店 (全て見る)