ただいま、大掃除シーズンの真っ最中です。自分たちでやれるところは12/29~12/30くらいにやって、業者依頼する部分は今頃にご依頼くださることが(体感)多いようです。

 エアコンクリーニングは大掃除メニューでも大人気です。

 エアコンは外見の見た目以上に内部が汚れていることが多いです。というか、パッと見で見えるところは、あんまり汚れないんですよね。

 大きなタンスとかも見える部分は汚れていないけど、大掃除の時などは天板部分にこんもりと積もったホコリにびっくりすることもあるのではないでしょうか。

 エアコンも汚れる部分は日常生活では見えない外装上部、さらには見ようと思わなければ見えない内部に汚れが集中しております。

 フィルターも結構汚れておりますねー。とは言っても全然平均値レベルの汚れ具合です。

 フィルターの汚れはエアコンの効き具合に影響が出ますが、健康に影響が出るのはこの部分、送風ファン(クロスフローファン)の汚れですね。

 ファンの下の白いプラスチック部分に黒い汚れが点在していますが、これらが全てカビになります。
 
 送風ファンに溜まった汚れ・カビが遠心力と送風によりまき散らされているわけですね。送風ファンは回転軸を中心に360度方向に回っております。ファンの下の白いプラスチック部分に溜まった汚れと同等量の汚れ物質がお部屋の中にまき散らされたことになる感じですかね。

 外装パーツを外してお掃除できるようにしていきます。外装パーツを外すことで、ようやく汚れに手が届くようになります。

 周辺を汚さないように養生をして、専用洗剤を散布。しばらく浸透させた後に高圧洗浄機で洗い流していきます。排出される汚水は悪魔そのもの!ご家庭の汚れの種類によって汚水の色が変化して、タバコを吸われるご家庭は茶色っぽい色に、埃っぽいご家庭はグレーっぽい色、そしてカビっぽいエアコンからはドス黒い汚水が排出されます。

 今回はグレーとブラックの中間という感じでしたね。

 汚れを落とした後は元通りに組み立てていきます。外装パーツ・フィルターもキレイに。

 汚れの溜まっていた送風ファンもキレイさっぱり。たまーにご自身で綿棒とかで汚れを落とそうと試みる方もいらっしゃるようですが、大変な割にあんまりきれいにならなくて、最悪、送風ファンを割ってしまったりなんて話も聞いたことがあります。送風ファンは結構割れやすいみたいです。

 キレイさっぱりにしたエアコンを動作確認してクリーニング終了!しばらく暖房モードにして完全に内部を乾かします。

 これで新年は気持ちよくエアコンが使えることでしょう。いよいよ平成も終わりですねー。

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。