2日間降り続いていた雨が、午後にようやく上がりました。

 気温も一段階下がった感じで、もう冷房の出番はないのかな…とも思います。

 ただ、そう思っていると結構暑い日があったりして、思い出したように冷房を使ってしまうのが、近年の東京の気候。

 夏の間、フル回転で使い込んだエアコンをつけたり、つけなかったりを繰り返して使用すると、取り付けて数年が経過したエアコンは突如として悪臭を放つことがあるんです。

 今回も取り付けて2年が経過したエアコンでしたが突然、洗濯物を部屋干しして失敗したときに嗅いだことのある異臭がエアコンから匂ってきたというお客様からのご依頼で、エアコンをお掃除しに伺ってきました。

 そもそも部屋干しした時などもそうですが、こういった悪臭の原因はなんなのか?

 雨の日に梅雨時など、部屋干ししたTシャツなどを着て、動いて汗をかいたとき、何とも言えない異臭がした、という体験をしたことのある方は少なくないと思います。

 匂いの原因は雑菌の繁殖にあります。洗濯物などの場合は、体から排出される微量の油がTシャツに蓄積され、その油に付着した雑菌が、雑菌の繁殖条件がそろった時に増殖すると異臭を放ち始めます。

 条件は雑菌の適温(28度から30度)と、適度な湿度です。

 一度異臭を放ってしまったTシャツは、いくら洗濯しても同じような現象が起きてしまってお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 実はこれと同じ現象がエアコンでも起きてしまうということなんです。

 ただし、エアコンは人間の体と違って、温度を自由に設定できます。一度、悪臭が出てしまっても、使い方で匂いを抑えることが出来ます。

 まずは溜まった汚れをクリーニング!

 使い方に気を付けても、根本の原因である、汚れ・カビ・ホコリを何とかしなくては意味がありません。

 そしてここからがエアコンの異臭を抑制するポイントとなります。

エアコン内部をしっかり乾燥させる!

 クリーニングした後は内部を洗い流した水で濡れていますので、しっかり乾燥させる必要があります。エアコン内部が湿度で蒸している状態を作らないことが肝心ですね。

 そして、これは通常の冷房モード使用時にも言えます。冷房を使用すると、エアコン内部は冷蔵庫から取り出したアルミ缶飲料と同じ現象が起こります。

 キンキンに冷やした内部と外気の暑い空気で空気中の水分が結露を引き起こすのです。その状態でエアコンを停止すると、湿った空気を維持した状態で温かい空気が入り込み結果、雑菌たちには最適の繁殖状況となるのです。

 繁殖条件をそろえなければよいわけですから、エアコン内部をしっかり乾燥させればよいのです。

 最近のエアコンには内部クリーンモードというボタンがついていて、そちらを押せば30分程送風運転になり、エアコン内部を乾燥させてくれます(内部クリーンモードという呼び方は、本質が伝わりにくいなあ、とも思いますが)。

 このボタンがついていないエアコンは送風ボタン、または暖房をつけてでもしっかり乾燥させてください。

設定温度に注意!

 真夏の暑い盛りで冷房をガンガンに使用していると、このような異臭がしてくることって少ないんです。

 異臭が気になる季節は、まさに今頃の少し涼しくなってきたくらいの季節や、梅雨時のちょっと暑いくらいの季節が多いのです。

 これは先に書いた雑菌の繁殖適温が28度から30度ということが理由となります。

 ちょっと暑いな、でもエアコンをキンキンに冷やして使うほどでもないな、29度ぐらいでいいかな、ピッ!

 そんな状態でしばらくエアコンを使い続けると、雑菌を抱えたエアコンの場合、内部で雑菌が繁殖を続け、結果、エアコンから異臭が漂い始めることになるのです。

 28度から30度で冷房を使うのでしたら、出来れば使用を我慢した方がいいかもしれません(勿論、エアコンの目的は室内を快適に過ごすものなのですので目的を逸脱する部分はありますが)。

 エアコンの汚れ具合によって冷房モードの効果は違うので一概に設定温度28度から30度で使用するのがいけないとも言えませんが、要はエアコン内部の温度が雑菌が繁殖しづらい状況を保つことが大切なのです。

 新品のエアコンは設定温度28度でもよく冷える、汚れが溜まったエアコンは設定温度28度でもぜんぜん冷えない、ということがあるのでエアコンクリーニングはそういった観点からも大切です。

まとめ

 結局のところエアコンから異臭を発生させないポイントは

  1. 出来るだけエアコン内部を乾燥させた状態を保つ
  2. 設定温度に注意する(あまり高い温度では使用しない)
  3. エアコンを清潔に保つ
  4. お部屋を清潔に保つ(ホコリの溜まったお部屋のエアコンは汚れやすいです)

 といったところでしょうか。

 常に気を使ってエアコンを使用していても疲れてしまうと思いますので、夏の終わり、しばらくエアコンの出番はなさそうだなー、という時にはエアコン内部をしっかり乾燥させる、などポイントを押さえて実行するとよいのではないかと思います。

 勿論、夏の終わりや梅雨前などに業者にエアコンクリーニングをしてもらうのもお勧めです。個人的には夏の終わりがお勧めですね。

The following two tabs change content below.
東京都江東区の便利屋です。ファミリー江東木場店では、不用品回収、ゴミ屋敷の片付け、お引越し、エアコンクリーニング、ホームページの作成代行、その他さまざまな便利サービスを提供しています。是非、一度ご利用ください。